Googleアドセンス

Googleアドセンスの審査の申請手順と広告コードをアフィンガー5の子テーマに貼付ける方法

Googleアドセンス審査の申請方法

Googleアドセンス用のサイトに記事をアップしたら、次は審査してもらうために申請をします。

記事作成のポイントについては以下を参照して下さい。

Googleアドセンス審査に10時間で合格した7つの理由(2018年)
Googleアドセンス審査に10時間で合格した7つの理由(2018年)

続きを見る

申請の手順を順番に見ていきましょう。

step
1
Googleアカウントの取得・ログイン

Googleアカウントにログインします。アカウントを持っていない場合は、アカウント作成し、ログインします。アカウント作成は以下の記事を参考にして下さい。

Googleアナリティクスの登録とWordPressとの連携方法

続きを見る

step
2
Googleアドセンスのホームページにアクセス

Googleアドセンスのホームページにアクセスします。
URL:https://www.google.co.jp/adsense/start/#/?modal_active=none

Google AdSense 申請

赤枠の「お申込みはこちら」をクリックします。

step
3
ウェブサイトのURLとメールアドレスを入力

Googleアドセンス用に作成したサイトのURLと、Googleアカウントのメールアドレスを入力します。そして、「メールを受け取る」にチェックを入れます。

Google AdSense 申請

入力とチェックが完了したら「保存して次へ」をクリックします。

step
4
Googleアドセンスのアカウント作成

再度、サイトURLを入力します。

「国または地域」を日本にします。

Google AdSense 審査

入力を終えたら、「アカウント作成」をクリックします。

step
5
お客様情報の入力

以下の赤枠内について入力し、「送信」をクリックします。

Google AdSense 審査

step
6
審査用コードの発行/貼り付け

支払い先住所を送信したら、以下の画面になります。ここではサイトとGoogleアドセンスを紐付ける作業になります。

コピーした四角の赤枠内のコードを、サイトのHTMLの「headerタグ」内に貼り付けます。

コードを貼り付けたら、「サイトをコードに貼り付けました」にチェックをし、「完了」をクリックします。

コードの貼り付け場所

コードの貼付けは以下の場所で行います。

「WordPress管理画面の左メニュー」>「外観」>「テーマの編集」

Google AdSense 審査

ヘッダータグ内(〈head〉から〈/head〉まで)であれば、どこでも良いです。

コードを挿入したら、このページの下部に「ファイルを更新」ボタンがありますので、クリックし、Googleアドセンスの申請の続きに戻りましょう。

※上の写真のように少し離れた場所にコードを挿入しても、下の写真のように「〈head・・・・〉」で始まる行の下の行にコードを挿入しても問題ありません。

Google AdSense 審査

アフィンガー5の子テーマを使用している方

アフィンガー5の子テーマを通常使用している方がいてるかもしれませんね。アフィンガー5の子テーマでは、「headerタグ」が出てきません。

ですので、編集するテーマを「WING AFFINGER Child」から「WING AFFINGER5」に変更する必要があります。テーマの変更は以下の図の赤枠内から行います。

テーマ変更後、「WING AFFINGER5」の「headerタグ」内にコードを挿入し、ページ下部の「ファイルを更新」をクリックします。その後、赤枠内を「WING AFFINGER Child」に戻して終了です。

以上で、Googleアドセンスの審査の申請が終わりました。

まとめ

Google AdSense用のサイトが用意できたら、Google AdSenseに「申込み」をして、アカウントを作成します。次に、発行された審査用コードを、サイトのHTMLの「headerタグ」内に貼り付ければ終了です。

※この審査用のコードは、審査が終われば削除しても構いません。

審査結果の連絡は、数日中に届きます(早ければ数時間で届きます)。

-Googleアドセンス

© 2020 NABE BLOG