物販アフィリエイト

コンテンツSEOで集客を増加させ、アフィリエイトの報酬もアップさせる方法

コンテンツSEOで集客を増加させ、アフィリエイトの報酬もアップさせる方法

コンテンツSEOで集客を増加させ、アフィリエイトの報酬もアップさせる方法

何も考えずにアフィリエイトサイトを作ると、確実に失敗します。検索におけるアルゴリズムはGoogleが構築していますので、Googleの方針に沿ってサイトを作成しなければ検索順位の増加は見込めません。つまり、アフィリエイトでの報酬も増加することはないです。逆を言えば、Googleの方針を理解し、サイトを作成すれば、アフィリエイト報酬も増加する可能性があります。

 

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、これを訳すと「検索エンジン最適化」になります。Googleは、ユーザーがGoogleの検索窓から何かを検索する時、検索ワードをもとに膨大なページから最適なページを表示します。この時、よりユーザーとマッチしているページを上位表示させています。従って、サイトや記事を上位表示させるためにはGoogle側の検索に対する意図を反映させる必要があります。自分のサイトや記事がより上位に表示されるために行う一連の取り組みのことを「SEO対策」と言います。

 

記事やサイトを上位表示させるためのSEO対策

SEO対策は複雑に思えますが、案外、少ないです。Google側がサイトや記事に対して要求していることは、一般的なことです。

Google側がサイト運営者に要求していること

  1. コンテンツの内容(コンテンツSEO)
  2. サイト運営者の信頼性(E-A-T)
  3. 被リンク

 

1. コンテンツの内容(コンテンツSEO)

Googleが最も良いと評価する記事は、ユーザーが知りたい情報を適切に書いている記事です。適切でない場合は、いくら1万文字の記事を作成しようと上位表示されません。悩みや知りたいと思うユーザーの気持ちに立って、記事を適切に書く必要があります。

 

2. サイト運営者の信頼性(E-A-T)

E-A-Tは、専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthenss)の頭文字を取ったものです。先生や博士号といった肩書が必要というわけではありません(あればなお良いですが)。例えば、サイト内にあるトピックの記事が100記事以上あれば、どうでしょうか。サイト運営者の専門知識も深まっていると予想できますし、記事の信頼性も権威性も高いと評価できます。また、最近ではSNSでの情報発信もサイト運営者の信頼性と関わっていると言われたりしています。

 

3. 被リンク

被リンクとは、他のサイト運営者の記事内に自身の記事のリンク(URL)が貼られることを示します。つまり、被リンクを貼られるということは、上記の1と2が達成されていることを意味します。

 

集客アップのためのSEO対策についてはこちらも読まれています。

 

その他のSEO対策

その他のSEO対策として、「内部リンク」を貼ると良いです。内部リンクとは、運営しているサイト内の記事のリンクを別のページに貼ることです。内部リンク自体はSEO対策としては弱いですが、ユーザーが知りたい情報が別のページにある場合、あるいはそのページで書ききれなかった情報について、ユーザーを内部リンクで誘導してあげると、サイトユーザビリティの向上に繋がります。

 

記事内容の構築についてはこちら

 

まとめ

SEO対策を行い、記事やサイトを作成したからと言って、すぐに検索順位に反映されるわけではありません。2~3ヶ月くらいは様子を見る必要があります。2~3ヶ月が経っても全く上位表示されない場合も多いです。例えば、扱ったトピックで強いサイト運営者が多く存在している時は、なかなか上位表示されません。その場合はトピックの変更をおすすめします。しかし、少ない場合はユーザーにとって有益な記事を量産し、専門性を高めれば検索上位に躍り出る可能性は高いです。

SEOを使った集客は非常に時間がかかりますが、これをマスターすれば、集客力もアップし、結果としてアフィリエイト商品の成約率も高まる可能性があります。成功している多くの方も同様の悩みをクリアしていますので、粘り強く頑張って下さい。

-物販アフィリエイト

© 2020 NABE BLOG