SEO

ブログの引用や参考がSEOスパム扱いされないためのblockquoteタグとqタグ、citeタグの使い方

更新日:

blockquoteタグとqタグとciteタグ

ホームページ/ブログを運用している人の多くが、記事内で他の人が書いた文章やURLを「引用/参考」として用いているかと思います。

「引用/参考」は自分の記事を裏付けるのに役立ち、また外部からリンクを紐付けることで内部コンテンツに対するGoogle評価も良くなります。

しかし、Googleのお作法通りに引用をしないと、せっかくの内部コンテンツを高めるための「引用/参考」が検索エンジンからスパム扱いされてしまいます。

ここでは、SEOスパムとして判断されないために、「引用/参考」の適切な示し方についてまとめます。

 

SEOスパムとは

SEOスパムは、検索結果での上位表示を狙うために不正なSEO対策をする行為のことを指します。検索エンジンを欺くような不正な行為を行うと、ペナルティとして検索順位を下げられます。

通常、SEOスパムにあたる行為は故意に行うことが多く、普通にホームページやブログを運営していれば、引っかかることはないかと思います。

しかしながら、今回紹介する「引用/参考」についてはその限りではありません。良かれと思って引用や参考URLなどを記載したにも関わらず、間違った示し方をしたために、結果的にGoogleにより評価が下げられる場合があります。

 

「引用/参考」を示す際のお作法とは?

お作法なので、以下の通りにすれば大丈夫です。

WordPressの「投稿の編集」画面をビジュアルモードからテキストモードに変更して、引用したい文章やURLをblockquoteタグやqタグ、citeタグで括るだけです。

では見ていきましょう。

 

blockquoteタグとciteタグ

<blockquote cite="URL">
引用文
<cite><a href=”URL”>title</a></cite>より引用
</blockquote>

※引用文をpタグで括るのが正しいと書いているサイトもありますが、最近出たSEOの本を見ると「pタグで括る」という表記はありませんでした(実際、pタグで書いても、自動で消えてました)。

※最初の行において引用元が書籍の場合は、URLではなく、書籍のISBNコードを記述します。

次に例を示します。

「Googleウェブマスター向け公式ブログ」より箇条書きの文章を引用する場合

<blockquote cite="https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html">
ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
<cite><a href="https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html">Googleウェブマスター向け公式ブログ</a></cite>より引用
</blockquote>

「引用文」と「URL」、「title」を入れるだけです。

「投稿の編集」画面をテキストモードからビジュアルモードに戻すと以下のように表示されています。

ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

Googleウェブマスター向け公式ブログより引用

 

qタグ

qタグは語句単位での引用を示したい場合に使用します。

以下の例文において、「不正なSEO対策によるペナルティ」を引用箇所とする場合

例文:不正なSEO対策によるペナルティがあることをGoogleは明示した。

<q cite="https://webmaster-ja.googleblog.com/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html">不正なSEO対策によるペナルティ</q>があることをGoogleは明示した。

「投稿の編集」画面をテキストモードからビジュアルモードに戻すと以下のように表示されています。

不正なSEO対策によるペナルティがあることをGoogleは明示した。

※blockquoteタグでは文章全体が引用されていることが示されましたが、qタグは文章の一部のみで、引用箇所が自動的に上記のように「」で括られます。

※語句単位で引用するqタグで、URLを属性にしている例は見受けられなかったのですが、blockquoteタグと同様にしていた方が良いかと思います。少なくとも悪い評価にはならないはずです。

 

SEOへの影響

Googleは、2011年2月に導入したパンダアップデートにより順位評価基準を大幅に改定しています。コピーコンテンツもその評価の対象で、コピーかどうかは機械的に処理されてしまいます。

親切心や記事を裏付けるために引用を加えたけれど、引用タグ(blockquoteタグやqタグ、citeタグ)を使用してなければ、検索エンジンからコピーコンテンツと見なされ、ネガティブ評価を受けることに。また、コンテンツの質においても、コピーコンテンツばかりでオリジナリティがないと評価されます。

しっかり引用タグを使い、検索エンジンに「引用である」ことを認識させ、ネガティブ評価を避けることがSEO的にも重要になります。

 

まとめ

コピーコンテンツは検索エンジンからSEOスパムとして認識されます。

「引用/参考」を示す際に、引用タグを使用すれば検索エンジンは文章が「コピー」ではなく、「引用である」ことを認識してくれます。また、「引用である」ことが認識されれば、その部分は記事として認識されませんので、相対的に記事のオリジナリティが高まります。

是非、引用タグを使用してコンテンツの質を高めていきましょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

※記事内に広告が出て読みにくくなっているかもしれませんがご容赦いただければ幸いです。また、良記事を皆さんに提供できるよう努力いたしますので、応援していただけると嬉しいです。

-SEO

Copyright© Sometime/Someplace , 2019 All Rights Reserved.